ひばりヶ丘駅前の歯科 モンマ歯科ブログトップへ

高齢者のための歯科口腔体操の最近のブログ記事

誤嚥性肺炎の予防について1

2017-8-2-1.jpg

85歳を過ぎた母は元気に暮らしていますが、先日の健康診断で血液検査CRPが高値の結果だったため再検査しました。

幸い異常なく、ごく軽い誤嚥性肺炎を起こしていたのかも、、、という診断でした。高齢者の誤嚥性肺炎は本人も気づかないことも多いそうで原因を探るため、先生から幾つかの質問がありました。

先生「歯は毎日何回磨いていますか?」
母「1日4回磨いています。」

※口腔内に細菌が多いと肺炎になりやすいので清潔に保つことが大事です。



先生「入れ歯は外して寝ていますか?」
母「はい。入れ歯洗浄剤につけて就寝しています。」

※就寝時に誤嚥してしまうことがい多いので入れ歯は必ず外し、洗浄剤につけて清潔に保ちましょう。



先生「テレビを見ながらお食事はしていませんか?」
母「テレビはつけて音は出していますが、見てはいません。」

※食べ物が誤って気管に入るのを防ぐためにもテレビを見ながら食事するのは避けましょう。



先生「お食事のあと、すぐに横になっていませんか?」
母「最近、椅子に座っていると背中が痛くなるので、お食事のあとベットに横になり休んでいます。」

※食後すぐに横になると食べ物が誤嚥で気管に入ってしまうことがあるので、なるべく90分間は横にならないようにしましょう。

例えば、椅子に座り背もたれにぐ〜んと背伸びするような格好をしていても構いません。


母は食後すぐに横にならないように注意する指導をしていただきました。

誤嚥性肺炎の予防、高齢者の方のための体操など、これから随時こちらのブログでもご紹介してまいります。

ー女子スタッフー
 

 

モンマ歯科ウェブサイトホームへ戻るモンマ歯科ウェブサイトホームへ戻る

最近のブログ記事

バックナンバー

  • モンマ歯科への
    お問い合わせ番号

  • 電話 042-423-5775
  • FAX 042-423-5753
  • 各担当医師により診療時間帯が異なりますので、お問い合わせ下さい。
    土曜日曜も診察しております。
このページのトップへ