ひばりヶ丘駅前の歯科 モンマ歯科ブログトップへ

08. レシピの最近のブログ記事

 

2017-8-6-11.jpg

この夏は冷めても美味しいチャーハン研究中です。


白米ともち米を8:2の割合で炊飯器で炊きます。

ガーリックで焼肉を焼き、そのフライパンでガーリックチャーハンを作ります。味付けは、塩、胡椒、醤油です。(お好みでオイスターソースを入れても可)

出来上がりに刻んだほうれん草を投入、ほうれん草はオイルを少々まぶしておくと色あざやかに保ちます。

盛り付けして焼肉とガーリックをトッピングします。


う〜ん♫美味しい!!!
ガーリックが入っているのでお昼のお弁当に持参できないのが残念ですが。。。

ー女子スタッフのクッキングー

 

 

2017_02_04_33142.jpg


田無駅近くの農家さんにて採れたばかりのにんじんで、

にんじんサラダ「キャロット・ラペ」を作りました。

デリカテッセンでもお馴染みの一品です。

 

・材料

にんじん1本

酢 大さじ2

オリーブオイル 大さじ1

塩胡椒 少々

 

にんじんは千切りにして、全ての材料と一緒にボウルで混ぜて出来上がり。

お酢の代わりに、ワインビネガーやレモン汁も。

オリーブオイルの代わりにサラダ油でも美味しくいただけます。

ベランダにて収穫したイタリアンパセリとともに、美味しく食べました。

西東京市は畑や直売所も多く、大根など季節の野菜が楽しめるのも魅力ですね。

ースタッフのクッキングー


 

自家製 柳カレイの干物

 

2016-12-18-yanagi.jpg

Xmasも過ぎていよいよ年の瀬です。

お正月用の肴に
柳カレイの一夜干しを作りました。

ひと塩して一晩干しておけば出来上がりです。

ースタッフのクッキングー


 

 

 

2016-8-5-tomato3.jpgのサムネール画像

市販の麻婆豆腐の素を利用して超グレードアップした麻婆豆腐を作りませんか?

 

2016-8-5-tomato1.jpgのサムネール画像

ミニトマトを半分にカットして、軽く塩、胡椒、オリーブオイルをまぶし、低音のオープンで素焼きします。(160度〜180度で約30分前後)
 

2016-8-5-to,ato2.jpgのサムネール画像

麻婆豆腐の素の調理方法に従って作り、素焼きしたミニトマト、そしてお好みでパクチーを加えます。

最後に山椒の粉をかけるのがポイントです。

暑い夏に食欲モリモリです。お試しください。

ー女子スタッフのおすすめレシピー


 

カラフルトマト

P7220713-ok1.JPG

美味しそうなカラフルトマトで先輩スタッフ直伝

『トマトのはちみつ漬け』を作ってみました。

 

一つ一つ湯剥きして…

P7220722-ok3.JPG

はちみつをかけて混ぜるだけ!

一日寝かせるとトマトのキレイなエキスがたっぷり出ています。

 

P7220717-ok2.JPG

 

いつものハニーマリネよりデザート感覚で食べることができて

とっても美味しい〜。

 

シロップも全部頂くことができると教えていただき

早速我が家のレシピレパートリーの一つになりました。

お料理上手な先輩直伝レシピがどんどん増えています!!

 

〜女子スタッフのレシピ伝授〜

 

新玉ねぎ

 

2016-5-sintama2.jpg

新玉ねぎの美味しい季節ですね。

これは千葉県白子町の海岸で育てられた新玉ねぎです。
沖縄の塩を海岸に撒いてストレス、ミネラルを補強することにより甘くてみずみずしい新玉ねぎが出来上がるそうです。

2016-5-sintama1.jpg
ドレッシングは、
みじん切りにした新玉ねぎを市販のお好みのドレッシングにつけておく。または、みじん切りにした新玉ねぎを、お醤油1:お酢1の割合でつけておいて玉ねぎぽん酢にする。が、おすすめです。


この新玉ねぎ、電子レンジで約3分間チンすると、甘み倍増です。

ー女子スタッフのレシピー

 

赤カブで薔薇

20160306_180230-crop-ok1.jpg

いつも我が家の冷蔵庫に欠かさずある赤カブのピクルスです。

マルシェで立派な赤カブを見つけたので一瓶漬けました。

スライサーで輪切りにスライスしてお好みのビネガーにお砂糖、塩、スパイスを入れて漬けるだけ。

綺麗なピンク色に漬かった赤カブは半分に切ってクルクルすると…。

0306-ok2.jpg

こんな風に薔薇のようになりお弁当も華やかになります。

冷蔵庫に常備しておくと簡単で可愛い飾りができて便利です。

 

 

〜女子スタッフのお料理〜

 

 

手作りスイーツ

 

P20701910-ok11.JPG

手作り満載のおやつタイムです。

先輩スタッフに手作りカステラとジェノワーズ(スポンジケーキ)を差し入れしてもらいました!

ジェノワーズに苺と生クリームでデコレーションしてみました。

 

0207-ok2.jpg

しっとりフワフワのカステラはざらめたっぷり。

甘い物に囲まれてのんびり幸せな午後のおやつタイムでした。

 

〜甘党女子スタッフ〜

 

 

先輩直伝☆

P2060179-ok1.JPG

女子スタッフの先輩直伝の牡蠣のオイル漬けを作りました。

10年位前に教えてもらってから、この時期には毎年作っています。

大きな大きな牡蠣をシンプルに味付けして

美味しいエキストラバージンオリーブオイルに漬けるだけ。

先輩直伝料理は我が家の定番となりました〜。

〜女子スタッフのお料理〜

ー牡蠣のオリーブオイル漬ー
牡蠣をオリーブオイルをひいたフライパンで焼き、香り付け程度にお醤油を垂らして瓶に入れオリーブオイルを注ぐ。冷蔵庫で1か月間保存可能です。

 

 

人参とみかんのロースト

 

2016-1-11-ni2.jpg

畑ガールです。
今年も元気に西東京市田無の畑に行って、人参を収穫してきました。
 

2016-1-10ni1.jpg

 作ったのは『人参&みかんのロースト』、レシピをご紹介させていただきます。


人参を薄くスライスしてオリーブオイル、塩、胡椒、クミンシードと混ぜ合わせます。そこに、皮をむいた、みかんを適当にカットしてみかん汁と共に入れます。

低温のオープン(150度前後)で40〜50分ぐらい、じっくりローストします。

参考にしたレシピには、オレンジと記載されていただのですが、今が旬のみかんで作ってみたら、クミンシードとの相性も抜群でとても美味しい一品になりました。

ぜひ、お試しください。

ー畑ガールスタッフのレシピー

 

実りの柿

 

 

2015-11-9-kaki5.jpg

この秋、我が家のお庭の柿が豊作です。
 

2015-11-9kaki3.jpg

秋バラとの競演でした。


2015-11-9-kaki1.jpg

休日には柿を収穫して、
お仲間のスタッフさんにお裾分けです。

甘くてとても美味しい柿です。

沢山収穫出来たので
保存方法を検索、研究したところ、、、
 

2015-11-9-kaki2.jpg
5ミリ位の厚さにカット

電子レンジ500ワットで3〜5分チンする。

少し水分がでるので乾かす程度に
天然干しをする

冷凍保存

これで美味しい自家製干し柿が
簡単に出来るようです。

ースタッフのお庭ー

  

ハロウィンは「茹で落花生」

 

2015-10-28-6.jpg

ハロウィンのカップに盛りつけられた

生の落花生を茹でた
『茹で落花生』

2015-10-28-2.jpg

殻を剥くと落花生が入っていて、 

2015-10-28-4.jpg

やめられない、とまらない
 

2015-10-28-11.jpg

お昼ごはん前なのに
次から次へと手がでてしまいます。

「午後から出勤の遅番スタッフさんにも
残しておいてあげてね!」
 

2015-10-28-1.jpg

先輩スタッフさんが買ってきて
茹でてくれました。

2015-10-28-7.jpg

季節限定の生の落花生を
お塩を入れたお水で40分間茹でて
20分蒸らせて出来上がりです。

ハロウィンには茹で落花生???


ースタッフのお昼休みー


 

2色のジャガイモ

 

2015-9-28red1.jpg

お休みの日はゆっくりクッキング第2弾は、レッドムーンとシャドークイーン2種類のジャガイモを茹でたサラダです。

 

2015-9-28red2.jpg

2種類のジャガイモでポタージュスープも作ってみました。

ー女子スタッフのクッキングー
 

 

ミニトマトのはちみつ漬け

 

2015-9-25-1.jpg お休みの日はゆっくりクッキング。

ミニトマトのはちみつ漬けです。

朝のうちに、皮を湯むきしたミニトマトをはちみつに漬けておくと、お夕飯の頃にはミニトマトからトマト汁がジュワ〜とでてきて、美味しいトマトスープに早変わりです。

友人からの伝授を受けたミニトマト皮むきの術は、切り込みをいれたトマトを熱湯にサッと通した後、氷水につけると、スルッと皮が剥けるという技。

本当にスルっと皮が剥けました!

ースタッフのシルバーウィーク2ー

 

ro-ru1.jpg

ロールキャベツは、巻き終わりをパスタで留めるといいと友人に教えてもらい、さっそく実行しました。
 

得意になって友人に写メを送信したところ、「スパゲッティが見えました〜。長すぎるとナマズヒゲになりますよ。」返信がきて、、、
 

roru2.jpg

しかし、時すでに遅し。。。
トマト缶で煮込んだロールキャベツは、ナマズヒゲに。。。

でも「あまり、短すぎても爪楊枝の役目をしなくなるので、ぴよよ〜んとなるのも、いとおかし。」と合格点をもらいました。

ー女子スタッフのクッキングー

 

生で食べるかぼちゃ

 

 

2015-8-kabotya1.jpg

最近話題の生で食べるかぼちゃを
スーパーで見つけました。
 

2015-8-18-suika3.jpg

かぼちゃを薄切りにして
マヨネーズとお味噌を混ぜたソースで
いただきました。

ポリポリとしていて甘みがあり
美味しいです。

ー女子スタッフのカボチャレシピー

 

 

スイカ煮

 

2015-8-18-suika2.jpg

スイカを煮てみました。
レシピはこちらです。

お砂糖も何も入れずに、
ひたすら煮込むのみです。
 

2015-8-18-suika8.jpg

スイカの種をすくい取るのが、
かなり大変汗だくです。
 

2015-8-18-suika7.jpg


びっくりするくらい甘いです。
まさにジャムの感覚です。

ー女子スタッフのクッキングー

 

 

2015-8suagesoba.jpg「夏野菜の素揚げそば大根おろし添え」
ナス、オクラ、パプリカ、玉ねぎ、トウモロコシを素揚げして、たっぷりの大根おろしとともに、おそばにのせます。

友人から教わったおそばのつゆの必殺技は、冷凍しておいたそばつゆのたれをシャーベット状に解凍して、普通のそばつゆと合わせると、ツルっと冷たいそばつゆたれが出来上がるというすぐれ技。

ただし、シャーベット状にしたそばつゆを入れ過ぎると、おそばが固くなってしまうので注意だそうです。冷やしそうめんにも、応用できる、夏のそばつゆ技です。
 

2015-8-suagesoba1.jpg冷たいそばつゆと素揚げ夏野菜、大根おろしの相性が抜群で、翌日もまた同じメニューです。

翌日の素揚げ野菜は、いんげん、ナス、紫玉ねぎに、彩りミニトマトをトッピングしてみました。

 ー女子スタッフの夏のおそばレシピー

 

 

 

tai1.jpg

タイ料理が大好きで、ついにはタイまで料理を習いにいったことのある友人が、富澤商店の「タイ焼きそばセット」は、簡単で本場の味がすると大絶賛です。

 

tai2.jpg

さっそく購入して作ってみました。
友人のおすすめ通り、パクチーをたっぷりトッピングして10分間で出来上がり。本当に美味しい!この甘酸っぱさが、暑い夏にピッタリです。

ー女子スタッフのおすすめレトルトー

 

 

手作りいちご大福

 

itigo0001.JPG

 大きな大きなイチゴ、紅ほっぺ。

いちご大福を作ってみました。

とっても簡単で火は一切使いません。

 

白あんをでイチゴを包み、レンジでチンした白玉粉で包むだけです。

itigo0003.JPG

 

30分で出来上がり!

白玉粉には砂糖とお水を入れてレンジで2分。

レンジから出して混ぜ混ぜ。

そしてもう一度レンジで2分で混ぜ混ぜです。 

 

いちご大福には白あん派。

好みの味に仕上がりました。
 

〜女子スタッフクッキング〜

 

 

手作りケーキ

cake030701.JPGのサムネール画像

お誕生日ケーキを作りました。

とっても簡単で見た目もかわいい

長〜いロングケーキです。

cake0307.jpg

オーブンの天板にロールケーキの生地を一枚焼き、

それを縦に三等分に切って重ねます。

あとは、生クリームとフルーツをトッピング。

cake030702.JPG

あっという間に出来上がり。

キャンドルをさして、バースデーケーキの出来上がりです!

  

〜女子スタッフのクッキング〜

 

 

201502022-1.jpg

今が旬のスケソウダラの卵をセールで1パック購入、タラコ作りに初挑戦しました。ネットで作り方を検索していくと、いろいろな方法がありましたが、塩をまぶして一晩置きました。
 

2015-2-22-2.jpg

昆布にのせて保存、人工着色なし無添加の自家製タラコの出来上がり。
ご飯がすすみます。
 

2015-2-22-3.jpg

TVで観た「炙りめんたいこのポテトサラダ」を参考に、オリーブオイル、塩、胡椒、冷凍庫に残っていたバジルソースも加えて絶品「炙り自家製タラコのポテトサラダ」出来上がりです。

ー女子スタッフのクッキングー



 

 

pan11.JPG


休日に友人が訪ねてきてくれたので天然酵母のパンを焼きました。
 

panrantchi.jpg

 生クリーム100ccに対して卵黄2ヶ+パルミジャーノチーズ1/4C+パンチエッタ(ベーコンでOK)を投入したカルボナーラも大好評。

このカルボナーラの比率は友人が研究を重ねた結果の黄金の比率です。友人の承諾を得て黄金比率大公開です。とても濃厚で美味しいので皆様もぜひ作ってみてくださいね。

おしゃべりにも花が咲き楽しい一日でした。

pan2.jpg

こちらは、友人が焼いて持ってきてくれた手作りきなこのブラウニーです。
まるでどこかのショップ購入したかのようなお洒落なラッピングです。

きな粉と黒ごまの香りで女性好みの優しいお味で絶品でした。

〜女子スタッフの休日ランチ会ー〜

 

 

モンマ歯科ウェブサイトホームへ戻るモンマ歯科ウェブサイトホームへ戻る

バックナンバー

  • モンマ歯科への
    お問い合わせ番号

  • 電話 042-423-5775
  • FAX 042-423-5753
  • 各担当医師により診療時間帯が異なりますので、お問い合わせ下さい。
    土曜日曜も診察しております。
このページのトップへ