ひばりヶ丘駅前の歯科 モンマ歯科ブログトップへ

金属鉤が目立たない部分入れ歯(ノンメタルクラスプ義歯)について

 

non_metal-thumb-350x242.jpg

従来型の部分入れ歯では、残存歯列と人工歯列とを連結するためにメタルクラスプと呼ばれる金属製の鉤が用いられるため、これが外観に触れる場合は見た目の自然感が大きく損なわれることから、患者様が部分義歯の装着を嫌う原因の一つとなっていました。

近年、破折に対する抵抗性が比較的高い弾性義歯用樹脂が開発・認可されたことにより、従来型部分義歯の金属鉤の部分を歯肉色樹脂のレジンクラスプで置き換えた設計が可能となり、このような部分入れ歯をノンメタルクラスプ義歯と呼ぶことになりました。

ノンメタルクラスプ義歯の利点は、金属鉤が目立たないことにより外観に優れることですが、欠点としては、樹脂材料は金属材料よりも繰り返し応力に対する耐久性が低いことから、適応症や義歯の設計において、より細心の注意が必要とされています。

例えば、前歯部の少数歯欠損では金属材料を全く使わない設計が可能な場合があるのに対し、咬合力や咀嚼力が大きい臼歯部欠損では、目立たない部分において金属構造を適宜併用すべき、とされています。また、上下歯列の噛み合わせの関係や、義歯を支える歯の長さや形態、義歯を支える歯の周囲の歯肉の形態、さらに歯のない部分における上下顎間の空隙の大きさ等の制限によっては、ノンメタルクラスプ義歯が適さない場合がありえます。

一般に、部分入れ歯を必要とする患者様のお口の状態は、失われた歯の数や部位、残っている歯の数や状態、歯のない部分の歯肉の痩せ具合や粘膜の状態、さらに上下の噛み合わせの関係等、まさに千差万別です。ノンメタルクラスプ義歯による治療を成功させるためには、お口の状態に対する診査・診断が極めて大切であるといえるでしょう。

ーD荒川ー

 
モンマ歯科ウェブサイトホームへ戻るモンマ歯科ウェブサイトホームへ戻る

バックナンバー

  • モンマ歯科への
    お問い合わせ番号

  • 電話 042-423-5775
  • FAX 042-423-5753
  • 各担当医師により診療時間帯が異なりますので、お問い合わせ下さい。
    土曜日曜も診察しております。
このページのトップへ